めまい.jp<眩暈は病気?吐き気・頭痛・耳鳴りの原因と対処法>

めまい.jpでは、くらくら、ふわふわするめまいや、突発的な立ちくらみ、失神など…突然起こるめまいの症状や病気、原因、対処方法などを詳しく説明しています。

めまいの種類・症状・病気

めまいの種類は3つ!

めまいの症状には、大きく分けて3タイプあります。

1つ目はぐるぐる目が回る症状が特徴的な「回転性めまい」
2つ目はふわふわと宙に浮いた感じがする「浮動性めまい」
3つ目は不意にくらっとする「立ちくらみのようなめまい」

です。

 

めまい

回転性めまい

「回転性めまい」の特徴は突然起こることで、耳に原因があることが多いため、吐き気や嘔吐の他、耳が聞こえづらくなることがあります。

浮動性めまい

それに対して、「浮遊性めまい」は徐々に症状が現れるのが特徴です。脳の異常が原因となっていることが多く、頭痛や手足のしびれなどを伴うこともあります。

立ちくらみのようなめまい

「立ちくらみのようなめまい」は、立ち上がった時など、血圧の変化によって起こることが多く、目の前が真っ暗になって倒れることもあるため、転倒によるケガなどに注意が必要です。

 

めまいとともに起こる症状

めまいに伴って起こる症状は、めまいの原因によって異なります。
ですから、めまいそのものだけでなく、一緒に起こる症状にも注意しましょう。

 

吐き気、耳鳴り、難聴など

めまい

例えば、耳の三半規管などに異常がある場合に起こるぐるぐる回るようなめまいのときは、吐き気や耳鳴り、難聴などを伴うのが特徴です。

ですから、そのような特徴的な症状が出た場合には耳鼻科を受診するのがお勧めです。

 

頭痛、しびれなど

めまい

それに対して、頭痛やしびれなどを伴うふわふわしためまいの場合は、脳に何らかの原因がある可能性があります。

脳神経外科などを受診した方がよいでしょう。

 

動悸、立ちくらみ、失神など

めまい

動悸を伴ったり、目の前が急に暗くなって失神したりするような立ちくらみに近いめまいの場合は、血圧の変化によるものや、全身性の病気が原因となっている場合があります。

そのようなめまいのときは、内科を受診すると元々の病気の発見につながるかもしれません。

 

症状別、考えられるめまいの原因&病気

人間の体は、目や耳などを初めとする身体中の各部分から情報を取り入れ、それを脳に届け、脳内で情報を統合した上で、各所に指令を出して制御しています。
これらの過程のどこかで問題が生じた場合に、身体の防御反応として起こるのがめまいです。

 

めまいを起こす病気としては、最も多いのが耳の障害によるもの、続いて、メニエール病突発性難聴によるものです。他にも、首の血流が悪くなってめまいの症状として表れるものや、脳血管に障害があって起こるものもあります。

 

めまいは、原因によって症状はある程度決まっています。

 

ですから、めまいの表れ方や、めまいに伴って起こる症状などをきちんとチェックしておけば、早めに専門医の診察を受け、症状を軽く抑えることができます。
めまいが繰り返し起こるようであれば、「たかがめまい」とか「大したことないわ〜」などと軽く考えず、病気が絡んでいることを疑いましょう。

日常的に起こるめまい〜原因・治し方〜

日常的なめまいや立ちくらみは生活習慣が影響している可能性!

日常生活を見直そう

上記では、病気の可能性のあるめまいについてお話ししていきましたが、日々の生活で、頻繁にめまいや立ちくらみが起こる場合は、生活習慣食事内容が影響している可能性があります。

 

急に目の前が真っ暗になったり、意識を失ったりするのは、一時的に脳内の血流や酸素の量が減っているためと考えられます。
ですから、このようなめまいや立ちくらみが起こらないようにするためには、血流を改善させ、脳内に十分に酸素が行きわたるようにすることが不可欠です。

 

血流を悪くする姿勢や、身体を締め付ける服装が原因になっていることもありますから、チェックしてみましょう。
また、血流量が十分でも、貧血によって十分に酸素を運べないために立ちくらみが起こっている場合もあります。
そのような場合は、鉄分を多く含む食材や吸収を助ける食材を積極的に摂るようにすると、症状の改善が図れます。

 

女性に多い、めまいと貧血の関係性

出産

女性は、男性に比べ、身体の中に貯められる鉄分量が少ない上に、生理や出産、授乳などの際に大量の鉄分を失ってしまいます。

ですから、女性は男性以上に鉄分を多く摂取する必要があるのですが、鉄分は吸収率が悪く、また、一度に吸収される量も多くありません。
そのため、かなり意識的に鉄分を摂るようにしなければ、慢性的な鉄不足になりがちなのです。

 

また、鉄分は、生命維持のために酸素を運ぶ血中のヘモグロビンの方に優先的に回されるため、よほど意識的に摂るようにしないと、細胞を作るために必要な鉄分は確保できません。
女性に鉄分不足によるめまいや貧血に悩まされる人が多いのはこのためです。

 

肩こりやストレスによるめまい

肩こり

肩こりの多くは、肩周りの血行が悪くなっていることによって起こります。

肩こりの原因は、長時間同じ姿勢を取っていることや、運動不足、冷えなど様々なものがありますが、血流が滞っているという点では同じです。

 

血流を改善することがめまいの解消にも繋がりますから、軽い運動をして、肩周りの緊張を定期的にほぐすようにするとよいでしょう。
また、精神的なストレスが原因で血流が悪くなったり、自律神経のバランスが乱れたりしてめまいが引き起こされている場合もあります。
そのような場合は、ストレスの元を取り除くことが必要ですから、何が原因になっているかを明らかにすることが大事です。

 

ストレスの原因がたとえ取り除けないようなものであっても、ストレスに対する耐性を作ったり、ストレスを緩和したりすると、自然とめまいの症状が治まっていきます。

 

食生活によるめまい

日常的に頻繁にめまいが起こるのであれば、日頃の生活習慣が悪影響を与えている可能性があります。
特に、食生活の影響は、身体の不調として顕著に表れます。

 

食生活が乱れて身体に必要な栄養素が足りなくなってくると、身体がめまいを起こして不足をアピールし、改善するように促していることも考えられます。
不足しがちな栄養素の中でも、鉄分が不足した場合には、貧血や低血圧によってめまいが起きやすくなりますから、めまいが頻繁に起こるのであれば、鉄不足を疑ってみるとよいかもしれません。
なるべく鉄分を多く含む食べ物を摂るようにし、同時に鉄分の吸収を助ける食べ物も摂るように心がけましょう。

鉄分を摂ろう

鉄分を摂ろう

めまいの中には、脳の血流が悪いために酸素不足に陥り、それが原因となって起こっているものもあります。

スーッと目の前が暗くなって倒れそうになる立ちくらみのようなめまいです。
貧血や低血圧の人を初め、冷え症や首周囲の血液循環が悪い人に起こりがちなめまいで、鉄分不足やフェリチン不足が関係していることも考えられます。

 

(参照:フェリチン不足ナビ|低い数値を基準値に戻すための食事とサプリ

 

鉄分は、酸素を身体の隅々まで運ぶのに不可欠な栄養素である上に、脳の伝達物質や神経細胞などを作るためにも必要な成分です。
めまいの症状を軽減するためにも意識的に鉄分を摂るようにしましょう。

サプリも効果的に利用しよう

鉄分を摂ろう

体に必要な栄養素は食べ物から摂取するのが理想的ですが、不足しがちな栄養素に関しては、サプリで補うことも考えましょう。

めまいの改善にもサプリの利用が効果的です。
吸収のよいヘム鉄のサプリや、鉄分の吸収を助けるビタミン類のサプリ、血流を改善するショウガなどのサプリもあります。
中には、鉄とその吸収を助ける成分に加え、血行を促進する成分もバランスよく含む「美めぐり習慣」のような総合的なサプリもあります。
毎日続けて摂ることのできるコストパフォーマンスのよいサプリを選んで、食生活に取り入れてみるとよいでしょう。

めまいが起こった時の対処法〜めまいチェックをしよう!〜

めまいには一過性のあまり心配のいらないものと、深刻な病気が隠れているものがあります。
そのため、めまいが起きた時にきちんと対処できたかどうかで、その後の生活が一変してしまう可能性もあるのです。
突然めまいが起こると、不安になりがちですが、とにかく慌てず、正しく対処するようにしましょう。

 

めまいチェックの流れ

突然めまいが起こった時は、最初に脳のチェック、次に耳のチェック、それらに問題が無かった時は、別の原因を探るようにします。
もし、脳のチェックをした段階で異常が感じられた場合には、重症化する危険性がありますから、すぐに救急車を呼び、病院へ向かうようにします。
それ以外の原因のめまいの時は、安静にして様子を見ましょう。

 

脳のチェック

脳の異常が原因のめまいの場合、脳梗塞や脳溢血など深刻な病気の前触れである可能性があります。
ですから、最初にチェックする必要があります。
もし、顔や手足にしびれや麻痺があったり、物が二重に見えたり、しゃべろうとしてもろれつが回らなかったりしたら、脳梗塞の危険性が強いので、すぐに救急車を呼び、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

耳のチェック

めまいの原因として最も多いのが内耳の異常によるものです。
ですから、脳の異常がない場合は、次に耳の異常を疑いましょう。
耳鳴りや難聴の他、耳が詰まった感じがするときは、耳の異常がめまいの原因である可能性があります。
めまいが治まるまで安静にした後、早めに耳鼻科を受診しましょう。

 

原因がわからない場合も病院へ

特定の方向に頭を向けるとめまいが起こるような場合には、良性発作性頭位めまい症の可能性がありますし、発作のようなめまいが起こり、転倒するようなときはてんかんも疑われます。
特に頻繁に起こるめまいを放置するのは危険です。
めまいが治まるまでは動かないようにして、症状が落ち着いたら早めに病院を受診するようにしましょう。